早生(わせ)6月下旬〜7月中旬

はなよめ

手前の小さな木が極早生はなよめです。新品種です! 木村もも園の新顔、はなよめです。収穫時期は一番早く6月中旬からです。極早生(ごくわせ)品種です。
収穫量がまだ少なめなのと、収穫時期が早くすぐに終わってしまうため、あまり皆様のお手元に届かない桃かもしれません。


日川白鳳(ひかわはくほう)

岡山県産日川白鳳(ひかわはくほう)は白桃ですが、比較的赤くなりやすいです。
早生品種でお中元の贈り物にちょうどいい季節に実ります 日川白鳳は、木村もも園の主力トップバッターです。まだ比較的新しい品種です。肌が赤くなりやすく、白桃らしい見た目ではありませんが立派な白桃です。
木村もも園の日川白鳳の木は若い樹ばかり
日川白鳳は収穫時期が6月下旬から7月中旬にかけてです。ひと足早く、夏の味覚を楽しんでみませんか?
果肉はしまっていて、食べ応えがありますが果汁が多くて、ジューシーです。

中生(なかて)7月中旬〜8月上旬

白鳳(はくほう)

白鳳(はくほう)は木村もも園でも人気品種!
甘くて酸味が少なく、ジューシーです 白鳳は木村もも園の主力品種! 日川白鳳のもととなった、従来から人気の品種です。木村もも園でも、先代のころから栽培を続けています。
木村もも園の白鳳は、酸味が少なく果汁がたっぷり。夏らしい風味が味わえます。
白鳳も、白桃とはいえ少し赤みがかったピンク色の肌が目印です。

晩生(おくて)8月上旬〜

清水白桃(しみずはくとう)

岡山の白桃代表!清水白桃です。白桃と呼ぶにふさわしい、真っ白な外見が特徴です。
上品な味わいで、贈り物に最適! 木村もも園の真打登場! 岡山の白桃と言えば清水白桃、と言えるかもしれない品種です。"最高級"の名を冠しています。
清水白桃の特徴は、軟らかな果肉。きめ細かな肉質と、すっきりと上品な甘さが清水白桃の醍醐味です。その軟らかな実は、口の中でとろけるような味わいを演出します。
木村もも園でも、30年以上前の栽培開始当初から育てている歴史のある品種です。
清水白桃は岡山県で発見された品種で、本当に岡山と関係の深い白桃ですので、ぜひ皆様に産地直送で木村もも園の清水白桃を召し上がっていただきたいですね。
8月上旬から収穫できる清水白桃は、その年の天候などにもよりますが、お盆前ぐらいまで召し上がっていただけます。最高級の名を大切な方に贈りたい、というご要望から、 真心を伝える御供え物に、というご要望まで幅広く応えられる品種です。木村もも園でも、贈答用の要望が大変多くなっています。

おかやま夢白桃

新品種のおかやま夢白桃です。濃厚な甘さの、果肉が締まった美味しい桃です。 おかやま夢白桃は新しい品種です。まだ市場にそれほど出回っていない新顔! 木村もも園でも2011年から収穫を開始しました。
砂糖菓子のような濃厚な甘さと華やかな香りがおかやま夢白桃の強みです。果肉が締まっていて食べやすい白桃です。
あたらしい品種ならではの、ユニークなネーミングもこの白桃の特徴かもしれませんね。
まだおかやま夢白桃を召し上がったことのない方、必見です!

桃の食べごろって?

皆さま、悩まれる桃の食べごろ。食べごろの判断に使うのは、目と鼻です。

桃の肌が緑色がかっているうちは、もう少し我慢です。緑色が消えて、下の部分(木に付いていた方)が黄色く色づいてきたら食べごろ!
赤い部分の青みが抜けたのがもう一つの食べごろのサインです。
桃は食べごろになると、甘い香りが強くなります。桃特有の香りが食べごろのしるしです。

桃の食べごろを見極めるのに、決して手を使わないでくださいね!
桃は果肉の軟らかい、とてもデリケートな果物です。手で押さえたりすると傷がつき、その部分から傷んでくることがあります。
軟らかくなるまで熟した桃は本当に甘くておいしいですが、くれぐれもご注意ください。
食べごろは目と鼻で!と覚えてくださいね。

桃を美味しく食べていただくためのお願い

○桃の保管は常温でお願いします。

→夏の暑い時期に収穫できる桃は、寒いところが苦手です。
冷蔵庫で保管しますと、甘みが薄れるので常温で保管しておくのが一番です。

○冷やしてお召し上がりになるときは、召し上がる30分から1時間前に冷蔵庫に入れてください。

→つめた〜く冷えた桃もおいしいですね!
あまり長く冷蔵庫で冷やすと甘みが落ちますので、桃を冷やしていることを忘れないでくださいね。

○産毛がチクチクするものが新鮮な桃です。新鮮なうちにお召し上がり下さい。

→肌が弱い方やお子様は産毛にご注意ください。かぶれることがあります。

収穫したばかりの桃は、水をはじくほどの産毛があります。
これが新鮮な桃のしるしですが、肌の弱い方はご注意ください。 採れたての桃には、産毛がしっかり生えています。